HOME | CONCEPT

企業理念

車のある人生に豊かさと輝きを

車は人を運び思い出を創る人生の送り物です。
その在りたい思いは人の数だけ無限大にあります。
私たちの業(わざ)で車と会話し感動を与えるには・・・
私たちの心でお客様の人生に輝きを創るには・・・
私たちの知恵で社会が安全で快適にしていくには・・・
人と車の影となり、社会に陽を照らす存在が会社の理想であり、
全社員の気づく力が心の利益となり、人生を豊かにし、
布いては地域社会が輝きを放つのです。

戦略アンビション

買い替えるまで美しい癒しの循環で、
カーライフがもっと輝き、

美しい日本の文化を伝承し続ける。

ビジョン

美しい車で子供たちに夢を
憧れを希望に

汚れた車は人の心を表す鏡だと言われます。
車がキレイだと心が和みます。
けがれのない子供たちが夢を抱けるように、
大人への憧れに車という存在が架け橋となれるように、
大人になり、希望に満ち溢れたカーライフを楽しめるように、
車は美しい存在であり続ける必要があるのです。
車は憧れを抱いてこそ、もっと美しく輝き続けられる。
車が好きな子供を育てられるよう、憧れで輝く美しさを保てるサービス商品を追求していきます。

ブランドポリシー

ガラージュボーテ

ストアネームのガラージュボーテとはブランドポリシーであり、フランス語でガレージビューティーを意味し、「ガレージ保管のような美しさの永続」を掲げております。
保管状況が様々なカーオーナーの夢である、買い替えるまで美しさの永続を追求し、カーライフを楽しむ歓びを伝承できるサービスを提供し続けるのが私たちの使命です。
呼称の【ガラボ】は子供に親しみやすい略語にすることで、大人になるまで皆様に愛され続けたい思いがあります。

 
カンパニークレド(社是)
 

職人気質の魂と
無知の知で技を向上し
敬客謙虚な心を磨く

クレド

QUALITY

/ 私たちの強み

買い替えるまで美しく
 

買い替えるまで美しさを保つ。

最新のセラミックコーティングをはじめ、伸縮性に富んだ透明フィルムで飛び石キズや浸食シミなどのダメージを防ぐ、ペイントプロテクションフィルムなど、お車を買い替えるまで塗装を護るサービスメニューがございます。日々のコンディションを最適に保つ為に、こだわりのカーウォッシュメニューをご用意して、お客様のお手入れ頻度や保管状況に合わせて最適なご提案を心がけております。
 

ガラボ賠償責任保険
 

大切なお車をお預かりするために。

お客様に安心をお届けするために、充実した賠償責任保険に3億円加入致しております。私たちの業界は自管賠(自動車管理賠償責任保険)に加入する事は当然ですが、平均1,500万円の原則修理の補償が多く、万が一の盗難に遭った場合などの丸ごと弁償できないのが一般的です。火災や盗難もカバーできますので、大切な愛車を安心してお預け頂くことが可能です。
 

設備環境を整えて
 

最低限の設備環境を整えております。

施工環境に大切な要素を理論的に捉え、業務用空調とLEDライティングは当然として、下回りのチェック怠らないようリフトも整えております。主観的な思い込みや勘違い、押しつけや強要にならない健全性に取り組んでおります。
魂は職人としての精神を重んじながらも、心はお客様に寄り添いながら謙虚な姿勢で作業させて頂きます。
 

CULTURE

/ 大切にしたいもの

 

美しさの伝承が私たちの喜び。

 いい具合に車高の落ちたK様のお車は真っ赤なスポーツカー。
身体が不自由なので、車椅子を降ろして待てるお手入れショップを探されていました。
私たちの喜び

 私たちは、車椅子に移して降ろせる介護経験があるので、バリアフリーの待合室でコーヒーを片手に眺める愛車は、K様にとって至福のひと時だったようです。
 
 ある日から、毎週1回は洗車にお越し頂いていたのにピタッとご来店が無くなりました。私たちの仕上がりが悪かったのか? 何かお気に召されない事でも話をしたのか? スタッフ皆で不安になって話し合っていました。
 ひと月が過ぎて、取引先からの納車帰りで夕日が沈む頃、ある葬儀会場の渋滞でゆっくり前を通ると、そこにK様のスポーツカーが飾ってありました。
 疑問に感じて案内板を見るとK様のお名前があり、「まさか!」と思い虚しい気持ちで通り過ぎました。
 
 大切にされていた美しく輝く愛車に乗って、天国へドライブされたのでしょう・・・。
 
私たちの使命
真っ赤なスポーツカーを愛する念いを感じ、私たちは精一杯貢献できただろうかと自問し、やり残したことや喜んで頂いた事が走馬灯のように駆け巡り、しばらくは落胆とした気持ちでいました。
 
 それからふた月ほど経った時、K様の娘さんが愛車に乗ってお越しになられました。病いで亡くなられた報告があり、お悔やみを申し上げお話を伺っていると、遺言書にこう書いてあったそうです。
 
 「この車を私だと思ってあなたが乗り続けて欲しい。そして洗車は必ずベストフィットさんにお願いして欲しい。」

 とても有難く、感謝の思いで胸一杯になり涙が溢れてきました。
 
 私たちはお客様の念いを引き継ぎ、歓びを実感できるサービスを行う義務がある。もっとたくさんの歓びを創り続けるのが、私たちの使命だと実感したのです。
 ひとつの歓びが私たちの喜びになり、この仕事をやって良かったと笑顔が溢れます。